CYCLO NO IE
メールはこちら
ご予約はこちら
<< 今治で里山を満喫 ✤ main ✤ 

石鎚山 登山が面白い

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」

Cyclo cafe & book Hostel 「なみトみなと」

 

 

 

石鎚山登頂日和

〜西日本最高峰からの大パノラマに圧巻〜

 

 wrote by なおみ

6月下旬。

ラッキーな晴れ間を見つけて

「石鎚山」登山へ行ってきました!

 

6:00 今治駅出発

朝の爽やかな風の中

自転車を走らせます。

今治駅からロープウェイ乗り場まで約50Km

なかなかタフな距離。

 

8:00 マルナカ氷見店で食料調達し

さらにペダルを回します。

途中に綺麗な川があって、立ち止まり。

足をつけてみて少しのクールダウン

気持ちいい( *´`)

 

 

11:00 無事ロープウェイ到着(^^)

坂がきつくて汗だく!

 

自転車は駐車場の片隅に駐輪させていただきました。

管理のおじさんが親切に対応してくださいました。

ありがとうございます。

 

ロープウェイに乗っていざ!

リフトは毎日時刻表に沿って運航しています。

コロナ対策のためマスク持参が必須です。

(受付で100円にて購入も可)

標高455mから1300mまで一気に上がります

わくわく

 

成就駅到着。

自由に使えるスペースがあったので

昼食タイムをここで。

バケット、トマト、キュウリをカット

ハムも乗っけてオープンサンドで。

シンプルだけど、山で食べるご飯は

格別に美味しい!

居心地が良すぎて1時間ほどのんびり時間を過ごし

 

13:00 登山スタート!

舗装されていて歩きやすい道♪

と、余裕のスタート。

 

しかも緩やかな下り坂。

「帰りは登りになるんだね〜」

と少し弱きな声も囁かれます。

 

約2Km程進んでいくと

うわさで聞いていた

「鎖の試練」

がとうとう立ちはだかります。

 

絶壁。

前日が雨だったので足元が滑って更に怖い。

初っ端出くわす74mの試しの鎖は

下りもあるので、心していかないとなりません。

手袋が必須ですよ。(滑り止めがあると尚良い)

 

試しの試練を越えて、山道を少し行くと

 

いきなり視界が開けて

思わず感嘆の声がもれました。

夜明かし峠にて

 

16:40

頂上までの最後の休憩所に到着

近辺にテントを張り一休憩。

 

17:30 第二の鎖から再出発

足場がないところもあり怖すぎ。

なおみは第三の鎖パス。

 

18:40 無事登頂!

石鎚山(標高 1974Km)

 

天狗岳(標高 1982Km)

頂上にちょこんと立っているのは悠生さん。

 

19:20 日没

雲海に沈みゆく夕陽が大圧巻!!!

幻想的な夕暮れを堪能。

登ってよかったー!山って最高!!

 

汗が出るように暑い季節といえど

やはり山の気候、舐めてはいけませんね。

頂上すっごく寒いし風が強くて凍えました(笑)

 

翌朝は3時起きで

再度頂上へ。

雲海を切り裂いて登る

力強い朝陽!

 

西日本最高峰から見渡す景色は壮大で感動しっぱなしでした。

 

10月の紅葉もすっごく綺麗だそう。

 

10数年ぶりくらいの登山だったのですが

登山はまりそうです。

 

石鎚山登ろ〜かなって方には

力説してオススメしたいと思います!

 

以上、石鎚山登山記でした(^^)

 

 



 


ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 シクロの家のHP > 

 

 

 

 

Cyclo cafe & book Hostel 「なみトみなと」は、今治市波方のフェリー乗り場をリノベーションしてできた新たな、しまなみ海道サイクリング拠点ゲストハウス。慌ただしい日常から「スイッチオフ」できる宿づくりが私たちの第2ステージです。全室オーシャンビューの美しく懐かしい風景の中で、のんびりとお過ごしください。

 

 

 なみトみなとのHP > 

 

 


 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪

 

 

category : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2020年07月05日(日) 17:00 by シクロの家 [ Edit ]

スポンサーサイト

category : - ✤ - ✤ - ✤ -
2020年07月07日(火) 17:00 by スポンサードリンク [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT