CYCLO NO IE
メールはこちら
ご予約はこちら
<< 民宿千和さんにて|しまなみ海道・大島〜サイクルオアシスで一休み!なごみ島時間を ✤ main ✤ 「GBCキリヤマベース」〜四国中央市・愛媛県道9号線を頑張って上ってたどり着くチョコレート&コーヒーのお店 >>

【因島】白滝山の五百羅漢〜知る人ぞ知るしまなみ随一の神秘的な絶景を求めて

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」

Cyclo cafe & book Hostel 「なみトみなと」

 

 


【因島】白滝山の五百羅漢
知る人ぞ知るしまなみ随一の神秘的な絶景を求めて

 


 

しまなみ海道・因島北部

標高227mの白滝山

その山頂からの360度パノラマビューと

五百羅漢の石仏群を目指します。

 

Writer:村上雅之



このところ

はっきりとしない天気が続いていましたが

久々のお出掛け日和。

 

 

こんなに晴れてしまっては

しまなみ海道へサイクリングに

行かないわけにはいきません。

 

 

台風が来る前とあって

サイクリストはまばら・・・

 

 

のんびりと

しまなみの海を眺めながら過ごす旅人たちも。

 

 

緑色だった蜜柑も色づき始めていました。

 

 

さて、今回の目的地は

しまなみ海道広島県側の中央に位置する因島。

 

中世に瀬戸内で活躍した海賊・因島村上氏の本拠地として、

近代以降は造船や除虫菊・柑橘の栽培で栄えた島です。

 

 

 

 

山頂から尾根伝いに700余の石仏が

鎮座するという神秘的な絶景スポット

 

「白滝山の五百羅漢」

 

因島のメインルート沿いに出ている看板を

見たことがある方もいるかもしれません。

 

 

白滝山の標高は227mながら

そこまでの道のりは勾配10%を超えるなかなかの激坂。

 

 

駐車場・駐輪場からは徒歩。

なかなか急な階段を登っていきます。

 

 

もうすでに

巨石が神秘的な雰囲気を醸し出しています。

 

 

因島、白滝山の五百羅漢は

 

日本遺産

”日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島

〜よみがえる村上海賊”Murakami KAIZOKU"の記憶〜

の構成文化財のひとつにも登録されているそうです。

 

 

 

階段を登ると”土足厳禁”

とても綺麗な展望休憩所。

 

 

ここからの景色も

素晴らしいのですが

やはり白滝山山頂の展望台を目指しましょう。

 

 

大小さまざまな大きさの

白滝山の石仏。

 

 

長年の雨風で風化が進んでいる

五百羅漢石仏も多く

表情が分からないものも。

 

 

参道は表参道・裏参道の2つがあり

展望の見える方向が異なります。

 

白滝山山頂には

展望台が整備されています。

 

 

1500年代後半に

因島村上氏第6代当主が観音堂を建立したことに

始まるという白滝山の五百羅漢。

 

当時の山岳信仰や巨石信仰の様子が偲ばれます。

 

 

頑張って登った先にある360度パノラマと

500年近く島の歴史を見つめ続けてきた

石仏の数々が自然に溶け込んだ風景は壮観でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 


ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,300円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,800円。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
 


 シクロの家のHP > 

 

 

 

 

Cyclo cafe & book Hostel 「なみトみなと」は、今治市波方のフェリー乗り場をリノベーションしてできた新たな、しまなみ海道サイクリング拠点ゲストハウス。慌ただしい日常から「スイッチオフ」できる宿づくりが私たちの第2ステージです。全室オーシャンビューの美しく懐かしい風景の中で、のんびりとお過ごしください。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円。

 

 

 なみトみなとのHP > 

 

 


 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪

 

 

category : しまなみ海道情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2018年09月29日(土) 00:28 by シクロの家 [ Edit ]

スポンサーサイト

category : - ✤ - ✤ - ✤ -
2018年10月10日(水) 00:28 by スポンサードリンク [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT