CYCLO NO IE
メールはこちら
ご予約はこちら
<< しまなみ海道サイクリンググッズ〜お土産に島走中Tシャツや女子Tシャツ、新作のメモ帳も ✤ main ✤ 今治タオル工場見学サイクリングツアーを開催しました♪ >>

四国山脈と明石山脈の谷間「ゆらぎの森」「別子山ふるさと館」がサイクルオアシスに

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


四国山脈と明石山脈の谷間

「ゆらぎの森」「別子山ふるさと館」

がサイクルオアシスに
しまなみ海道から愛媛県中にサイクルオシスを整備しています

 

 

サイクルオアシスとは?

http://www.cycle-oasis.com/

 

 

執筆:加藤
 

昔、銅山で栄えた別子山を巡るルートとして『別子・翆波はな輪道」と名付られた愛媛まるごと自転車道があります。

名前の通り翆波高原には春は菜の花、秋はコスモスと咲き乱れますが、明石山脈も石鎚山系とは違った野生の花が沢山咲きます。
勿論、このルート沿いも沢山の花が咲き乱れ、秋が深まると紅葉も美しくなりサイクリングするには最適な道です。
 
 

 
 
「え〜!新居浜、四国中央市どちらから走っても明石山脈を越えなければいけないので私には無理!」と言われるサイクリストさんも沢山いると思います。
と言う事で提案!
 
車で銅山川流域まで移動してそこからポタリングして見てはどうでしょうか?夏は涼しく、自然あふれる景観に満足いただけるかと思います。
 
さて、このルートには今回サイクルオアシスになった施設「ゆらぎの森」があります。
そこは「別子・翆波はな輪道」から離れ、坂を上って行かなければいけない所に有りますが、この道中、素朴な民家や植林帯などがあり自然の中に溶け込む事が出来ます。
 
そして登りつめるとアッと驚く藤棚(パーゴラ)が・・・・まるで宇宙船を想像させるほどの大きさです。私が最初に訪れたのは夏の初め、藤棚は緑一色で青々としていましたが、花の咲く頃は素晴らしいでしょうね。
 
 

 
 
その奥に今回サイクルオアシスになりました「オーベルジュゆらぎ」があります。
この施設、宿泊が出来、ランチタイムにはレストランでお食事も出来ます。また敷地内には「作楽工房」と言う施設もありいろいろな木工製品製作の体験が出来ます。チビッ子達がの夏休み自由研究として沢山来られるそうです。
 
 

 

 
 
では、元の輪道に戻りましょう〜
別子・翆波はな輪道に戻り左に上って行くとシャレた建物が有り、その前が博物館と隣接している今年サイクルオアシスになった「別子山ふるさと館」があります。火曜日は休館なので見る事が出来ませんが、博物館の中に入ると別子山の自然や歴史の展示物を見る事が出来ます。

 
 
また横から谷に下りるとそこは遊歩道の付いた公園が有り奥には吊り橋がかかっています。その吊り橋を渡り、真ん中から下を見ると渓谷が素晴らしいです。但し、吊り橋はゆっくりですが揺れますので乗り物酔いされる方は気を付けて下さい。(笑)
 
 
  
自転車だけでなくこの付近の登山に興味のある方はこの施設前にある公民館を訪ねてみて下さい。
公民館の主事補さんはこの付近の山をを自分の山の様に登り知り尽くした方なのでいろいろと教えていだだけます。
そうそう〜こんな資料もいただけると思います。
ではもう少し左に上って見ましょう〜
輪道は銅山川(渓谷)に隣接しているので夏は涼しく気落ちが良いです。
自転車で走ると騒音も少ないのでせせらぎの音も心地良いです。
もう秋なんですね。ススキの穂が出ていました。
途中、エクロジャイトもあります。
少し頑張って上ると筏津と言う所に来ます。
ここは登山愛好家が東赤石を目指して登る登山口です。
この小屋が目印かな!
そして左にある川を渡り右に行くと別子銅山筏津抗跡があります。
そのすぐ横にはトロッコ列車も置いているので元は公園だったと思うのですが荒れている様な気がします。
歴史的資産、勿体ないですね。
廃抗の上にはキレンゲショウマも沢山咲いていました。
銅山越の登山口はまだここから左に上って行きます。
この辺りに来ると道は狭くなりゴツゴツした山肌にに張り付いた様に建てられた昔の家があったり、道のすぐ横に岩が張り出てたり
スリル満点です。
そして別子ダムが見えてくると、昔鉱山が盛んだった頃当時、愛媛県で松山に継ぐ2番目に人口の多かった日浦があります。
ここは銅山越に登る登山道入り口です。
また鉱山が盛んだった頃の遺跡も沢山あり、現在も住友さんが管理してます。
ここからしばらく上ると大永山トンネルになり下ると新居浜市内になりますが、ポタリングはここまでかな?
こういう走り方をすればこのルートの自然や歴史などいろいろな事がベテランでなくても楽しく味わえると思います。
是非お試しあれ〜!
ちなみに新居浜市内(山根)から挑戦してみたい方は、ループ橋の所は自転車可の歩道も完備してます。
そして峠に差し掛かるとこんな看板が目に付きます。
勿論、ブルーラインも有ります。
そしてトンネルの入り口にはこのような看板もありますので安心して挑戦してみて下さい。(^o^)











ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 最新の空室状況 > 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : サイクルオアシス ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年09月16日(土) 17:14 by cyclonoie [ Edit ]

スポンサーサイト

category : - ✤ - ✤ - ✤ -
2017年12月08日(金) 17:14 by スポンサードリンク [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT