CYCLO NO IE
メールはこちら
ご予約はこちら
<< 北条駅前のカレー屋「カルコバ」〜はまかぜ海道サイクリングの定番ランチスポット ✤ main ✤ 涼を求めて・・・滑川清流ハウス(サイクルオアシス) >>

東温市のサイクルオアシスさんとその仲間が安全の為に考えた県道327号線白坂ルート

東温市から西条市にサイクリングで移動するには、車が多く狭くて危険な国道11号線(桜三里)だけしか思い付きませんでした。

だから遠回りになっても今治経由でぐるりと周るか、バスなので輪行する方法しか無いとされていました。
ところが今期中予サイクルオアシスとして応募があった「ほっこり奥松」さんの所に調査で行くと「登り坂はありますがこんなルートがあるんですよ!」と教えてくれました。
そのルート、県道327号線なんですが東温市側と西条市側の入り口付近からある程度の山の中までは共にあるのですが、なんと後チョットの所でつながってはいなく、その区間を現在は林道を走り対応すると考えている様でした。
そのお話を聞き、実際に走って見ました。
出発地点は昨年サイクルオアシスに認定された衒豬談粥淵好ーツパーク)さんで工場前の三叉路を真っ直ぐ(県道327号線)を山の中に入って行きます。
この辺りは山里の田園風景が美しい所です。
約3キロ程、登って行くと右手に今年サイクルオアシスに認定した「ほっこり奥松」があります。
この施設は交流施設で、地元の方は元よりサイクリストさんも休憩出来る場所として今回サイクルオアシスになっていただきました。
これより奥は飲み水の給油ヶ所やトイレが無い為、ここでひとまず休憩するのが無難ですね。
また、代表の方はこのルートをもっとも知っている方なのでいろいろとアドバイス受ける事も良いかと思います。
ほっこり奥松さんを後に走って行くと二股に分かれます。
ここにはこの様な石碑があり、昔から讃岐街道としてお遍路さんに使われていたのでしょうね。
石碑の通りどんどん奥へと登って行くと山里の田園風景から植林帯へと景色は変わり蛇行した急な坂に差し掛かって来ます。
ゼイゼイ言いながら頑張ると峠の頂点に差し掛かります。
サイクリストって可笑しいですよね。
峠の頂点に来るとそれまでの辛さを忘れて達成感を味わえるなんてやっぱり坂バカでしょうか?(笑)
風を切り爽快感を味わいながら下りて来ると開けた所(荒れ果てた田園)に差し掛かります。
この場所を過ぎると道はガードレールも無い狭い道になります。
舗装はしているモノの林道なので無理せず万全を気にして欲しいです。
しばらく下ると目の前に大きな空き家が・・・・・
こんな山奥なのにまだまだ立派に使えそうな古民家です。
右へと進路をとり、くねくねと蛇行した道を下って行きます。
この屋敷からは急な下り坂も無く初心者でも楽しみながら走れます。
そしてこんな場所も・・・
このトンネルの上は高速道路が通っていています。
狭くて蛇行した道そしてトンネル、ちょっとしたアトラクションですね。
場所によってはこんな所も遭遇します。
トンネルを剥けるとまたもや植林帯、短い時間で周りの景色は変わって来ます。
左側には沢が流れていて真夏の昼中でも涼しくて気持ち良かったです。
少し下ると左側に橋があるのでこの道とは分かれて左に入ります。
この道少し上り坂になりますが風情があり気持ちが良いです。
このまま進むとまたもや高速道路の下をくぐるトンネルになりそこを超えると道は広くなってきます。
二回目の峠を通過して下って来ると前方下には高速道路が見えてきます。
人里離れた山の中と現代人が作った高速道路が見えるなんてなかなか面白いルートですね。
そしてこんな風景も。
ここから高速道路と並行して走りまた登り坂、本日最後の峠です。
その峠を越えしばらく下ると目的地西条丹原に下りて来ます。
全長17キロ、そして3つの峠越えと言う事は少しきついかも知れませんが、なかなか面白いですよ。
是非皆さんも走って見て下さい。
category : サイクルオアシス ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年07月27日(木) 21:26 by cyclonoie [ Edit ]

スポンサーサイト

category : - ✤ - ✤ - ✤ -
2017年10月19日(木) 21:26 by スポンサードリンク [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT