CYCLO NO IE
メールはこちら
ご予約はこちら

【高縄半島四国遍路ツアー】春の風物詩 お遍路サイクリング!ツアーレポート

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


シクロツーリズムしまなみ主催

高縄半島四国遍路ツアー

春の風物詩 お遍路サイクリング!
2017.4.29(土)ツアーレポート


巡礼・遍路が息づく四国。愛媛最北端の高縄半島には、半島を周遊できるよう設置された石仏を巡る“ミニ遍路”との言える『半島四国』と呼ばれる文化が残っています。毎年行われる「霊場巡り」。地元住民がお接待所を開設しお遍路さんを迎える姿は、春の風物詩。今回のツアーは自転車で札所を辿りながら、多くの人をお迎えしてきた住民との交流サイクリング!地元の風習を感じながら、春の瀬戸内を堪能しました。

 

シクロツーリズムしまなみ主催のイベント情報はこちら

↓↓↓

http://www.cyclo-shimanami.com/

 

 

■9:30 サイクルオアシス総合拠点「シクロの家」集合/スタート
JR今治駅前「シクロの家」に集合。昨年の半島四国ツアーのリピーターや今治市内在住の方々のほか、四国中央市など遠方からの参加も。昨年、波方で開催したアウトドアフィットネスのモニターやスポーツ自転車に初めて乗るというビギナーも大集合!

 

 

■10:20 はまかぜ海道
天候に恵まれ、雲一つない青空!今治港から波方方面に向け、「はまかぜ海道」を走る!「やっと暖かくサイクリングしやすい季節になったね」と春の陽気を体感しながら、海岸線沿いを進みます。橋がよく見えるポイントでは立ち止まり皆一斉にシャッターをパシャパシャ。

 

 

 

■10:40 4番札所・1番札所(大浦集会所) 
造船所の裏側を抜け、4番札所と1番札所にお参り。札所近くの大浦集会所では地元の方々がお接待所を開設しており、ツアー参加者はお参りのあと、パンやお菓子、お茶のお接待を受けさせていただきました。これぞ半島四国ならでは。

 

 

■11:20 なみかた海の交流センター 
ルート上にある2番札所、83番札所にお参りをしたのち、「なみかた海の交流センター」へと立ち寄り。ここでもお接待所が開かれており、飲み物や柑橘のふるまいをうけました。地元の方から柑橘をうまく剥いて食べる方法を教えてもらいました。

 

 

 

 

 

■12:00 大角海浜公園
82番札所でもお茶とお菓子をふるまわれ、地元の方へ「もう、お腹がいっぱいです。」「(お接待というものは)すごいですね!」などの声も・・・。その後、大角海浜公園へと向かい、景色の良い展望台で休憩。瀬戸内海を眺めながら昼食(おにぎり弁当)!

 

 

 

■12:50 66番札所
大角鼻半島をぐるっと周回して、海沿いの細いダートコースを楽しみながら千手観音の祠へ到着。小さな祠ながら木々の間から見える岩礁や海が美しく、「こんな(素敵な)場所があったんだ」と感嘆の声も。

 

 

■13:20 88番札所 長泉寺
88番札所のある「長泉寺」へ。本堂には、本四国88か所巡礼ご本尊の掛け軸があり、一つ一つお参りすると、88か所参りしたと同じ功徳があるとのこと。参加者も一つ一つお参りをしました。境内にちょうど咲いていた藤を愛でながらお接待のお茶をいただきます。

 

 

 

■14:00 10番札所(郷集会所前駐車場)
田園風景の中、小さな峠を越えて10番札所へ。ここ郷集会所でもお接待を。様々なスポーツ自転車やタンデム自転車が並ぶ様子に、地元の方々が興味を持ち「どの自転車が一番高い?」「変速は何段?」と参加者に質問。まるで自転車展覧会のよう。

 

 

■14:40 浜の台所「潮里」 大濱八幡大神社 
今治市街への帰路の途中、大浜の漁協婦人部が運営している浜の台所「潮里」と、大濱八幡大神社に休憩で立ち寄りました。「潮里」では名物のサバまんや鯛めしなどをお土産に購入。神社ではガイドから大浜地区の歴史・伝説の話を聞きました。

 

 

■16:00 JR今治駅前「シクロの家」解散 
無事に、「シクロの家」に到着。半島四国遍路ツアーならではの地元の方々との交流を通し、「地元を知るきっかけにできた」「来年も参加したい」「別の札所も回ってみたい」との感想をいただきました。毎春恒例のイベントになりつつありますねぇ〜〜(^^)/    


 

 

シクロツーリズムしまなみ主催のイベント情報はこちら

↓↓↓

http://www.cyclo-shimanami.com/

 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


☆最新の空室状況は
こちらより



Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年05月15日(月) 09:56 by cyclonoie [ Edit ]

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道|ツアーレポート

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


第7回タンデム自転車まつり
第7回目を迎えたタンデム自転車まつり! ツアーレポートをお送りします。

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

ツアーレポート【第7回タンデム自転車まつり】


日 時:

平成29年3月18日(土)

3月19日(日)


ルート:

1日目「思い出を織る"今治タオル"ツアー」
今治駅前「シクロの家」〜玉川「工房織座」〜朝倉「丸山タオル」〜「シクロの家」
2日目「自転車神社参拝&レモン尽くしのレモン懐石満喫ツアー」
今治港〜[船]〜生口島〜因島〜岩城島「レモン懐石」〜生口島〜大三島〜[船]〜今治港

 

 


1日目 3月18日(土)

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■12:00 サイクルオアシス総合拠点「シクロの家」集合/スタート
県内外の各地から、親子連れ、夫妻、友人同士など総勢29名が集合しました!今回のツアー参加者は、リピーター率7割の集客♪年に1回、この地に戻り、再び顔を合わせ、近況を伝え合う参加者の姿がとても印象的でした。初めて参加される方の多くは、リピーターの呼びかけで参加してみたということで、みなさん和やかな雰囲気で初日のサイクリングスタートです♪
今治のまちなかを走り抜け、蒼社川を過ぎ、玉川方面へ向かいます。タンデム自転車に初めて乗る親子もいるので、車の少ない道を選んで、ペースに配慮しながら走行しました。土手沿いには菜の花がちょうど見頃となっていて、春の訪れを感じながらペダルを踏みます。

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■13:00 工房織座 見学
玉川町の工房織座に到着!ここでは、昭和初期に使用していた旧式織機を復元し、今でも現役で稼働しているとのこと!今回は作業現場も見学させていただきました♪そのこだわりと情熱をもった製品作りに参加者も耳を傾けていました。高速機では表現できない独創的な風合いの製品を目の当たりにして、売店で商品を購入する参加者の姿も見られました。

 

 

■13:40 玉川町 さやの峠
工房織座を後にした一行は、玉川町ののどかな山間を、奥へ奥へと進んで行き、本日一番の難所「さやの峠(247m)を越えて、朝倉方面を目指します。比較的緩やかな上り坂なので、タンデム初心者も自転車を降りることなく登り切ることができました♪道の途中には、桜の花が咲いている所もあり、サイクリングの疲れを癒してくれる風景が広がっていましたよ〜!

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■14:20 朝倉の里山 
のどかな里山の風景が広がる朝倉方面をサイクリング!こんな日本の田舎の風景見ると、多くの人が懐かしい気持ちになれますね!アメリカからの参加者も、「こんな所を走ることができるのが、日本のサイクリングの魅力よね♪」とスマイル!

 

朝倉の里山第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■15:00 朝倉ふれあい交流センター
旅の休憩中に、朝倉地域名物の「ぼたもち」を参加者に提供しました♪今回は特別に、特大のぼたもちに!みんなで舌鼓を打ちながらカロリー補給です。海外からの女性参加者からも「手作りのおばあちゃんの味ね。こういうのが食べたくて日本に来たのよ♪」と、大変好評でした!

 

朝倉ふれあい交流センター

 

■15:30 丸山タオル 第二工場&プリント工場
美味しいぼたもちでエネルギー補給をした後は、今治東村にある丸山タオル工場へと向かいます!最新の機械を導入して高速で織りあげる工場と、シルク印刷工場を見学しました♪
玉川町の「工房織座」での製造方法とは、かなり異なる生産方式だけに、参加者の興味と関心を深く捉えました。「初めてタオル生産の現場を見て、これまで何気なく使っていたタオルを今治産にしようと思った」との声も聞けました。

 

丸山タオル 第二工場&プリント工場第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■16:40 丸山タオル本社
本日のクライマックスは「思い出を織るタオル」のサプライズプレゼント♪
丸山タオル独自の希望で印刷したタオルを各参加者にプレゼント!「さっきの撮影はこのためだったんですか!」と喜ぶ参加者たち。今治タオルの新たなファンが増えてくれると嬉しいですね!今治の地場産業を伝えるツアーは大好評でした!

 

 

 


2日目 3月19日(日)

 

サイクルボートしまなみ号

 

■8:00 今治港 みなと交流センター
タンデム自転車まつり2日目は、「自転車神社参拝とレモン尽くしのレモン懐石満喫ツアー」の開催!新たに13名の参加者が加わり、総勢41名で「サイクルボートしまなみ号」に乗船!船内にてオリエンテーションを行い、ツアーの行程とポイントを解説しつつ、一路生口島へと向かいます。この日は天候も良く、架橋の下をくぐる度に、甲板はカメラを手にした人で賑わっていました。

 

自転車神社大山神社に立ちよる

 

■11:00 因島 大山神社
最近、すっかりサイクリストのお馴染みの立ち寄りスポットになった大山神社へ!別名「自転車神社」と呼ばれるほど、自転車祈祷で有名です。今回は、各自で参拝のみ行い、交通安全のお守りを購入して、ヘルメットや自転車に取り付けていて、旅の安全と安泰を祈りました。

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■11:30 因島→岩城島
因島・土生港から長江フェリーで岩城島・長江港へ。「船で離島へ渡って走るのも面白いですね〜♪」と興味深げに航路の詳細について尋ねる参加者もいました。フェリーを使えばいろんなバリエーションを楽しめるしまなみ海道のサイクリングについて、参加者がお互いに情報交換しながら交流を深めている姿が印象的でした。

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■11:50 岩城島
“青いレモンの島”岩城島内周遊へ。参加者も離島でのサイクリングを大満喫♪「岩城島には、信号機が無いんですね!島に来た感がすごくあって素敵です」との声も。
軽やかにサイクリングを楽しみながら、目指すはお楽しみのランチポイント♪みなさんおなかもすっかりペコペコです!

 

岩城島 「でべそおばちゃんの店」 第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■12:40 岩城島 「でべそおばちゃんの店」
お腹を空かせた旅の一行がやってきたのは、農家レストラン「でべそおばちゃんの店」。
今回いただくのは岩城島特産のレモンを使った「レモン懐石」!島のおばちゃんが、腕によりをかけた料理を丁寧に説明してくれるのも魅力的なポイントです!グリーンツーリズムとサイクリングのコラボで、しまなみ自転車旅行の楽しさはさらに広がりますね♪

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■15:00 生口島
絶品のレモン懐石でお腹が満たされた参加者は、岩城島から再び定期船に乗り生口島へと向かいます。生口島到着後は、島の南岸線をたどりながら、大三島を目指して走行です!途中で自転車のチェーンが切れるメカトラブルが発生しましたが、スタッフの迅速な修理対応で時間のロスもなく、多々羅大橋を渡り無事にゴールの井口港に到着!

 

第7回タンデム自転車まつりinしまなみ海道の様子

 

■15:58 大三島・井口港→今治港
復路のサイクルボートに乗船して今治港に到着!ツアー参加者からは、「来年はとびしま海道へも行ってみたい!」という声や、「今度は、アメリカ人の友達も連れてきます!」としまなみ海道の魅力が海外の方にも確実に広まっていることが伺えました!
航路を活かしたしまなみサイクリングツアー、来年もぜひお楽しみに♪



来年のタンデムまつりもお待ちしております♪
↓↓↓

 シクロツーリズムしまなみHP > 

 

 

 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 最新の空室状況 > 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年03月30日(木) 11:10 by cyclonoie [ Edit ]

シクロ女子旅2016〜しまなみ海道を旅する女性限定ガイドツアー

 

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


シクロ女子旅2016
しまなみ海道を旅する女性限定ガイドツアー

 




日 時

2016年11月12日(土)、10:30〜16:30

2016年11月13日(日) 7:40〜17:30

 

ルート

1日目 今治駅前ゲストハウス「シクロの家」〜玉川〜鈍川温泉〜今治駅前ゲストハウス「シクロの家」
2日目 今治港〜[船]〜生口島〜因島〜上島町ゆめしま海道〜因島〜生口島〜[船]〜今治港

 

距 離

1日目約32km、2日目約43

 


2日間にわたり女子限定のサイクリングツアー「シクロ女子旅2016」を開催!1日目は玉川・鈍川温泉周辺の市内山間部を、2日目はしまなみ海道、ゆめしま海道をサイクルボートやフェリーを利用し、瀬戸内をまるごと楽しむガイドツアー。地元の名物ランチを堪能、足湯、スィーツの店にも立ち寄るなど女性にうれしいスポットも満載です。2日間とも晴天に恵まれ秋の瀬戸内の味覚や風景を満喫したツアーとなりました。

 

 


 

【シクロ女子旅2016 DAY1】

 

2016年11月12日(土)

今治駅前ゲストハウス「シクロの家」〜玉川〜鈍川温泉〜今治駅前ゲストハウス「シクロの家」

 

■10:50 「シクロの家」集合/スタート
絶好のサイクリング日和となった女子旅当日、北海道や東京、兵庫、大阪、福岡など遠方からの参加もあり「シクロの家」に集結した。自転車のフィッティング、簡単なオリエンテーションの後はお決まりの集合写真を撮影。和やかな雰囲気の中、今治市玉川方面に向けて出発しました。

 

■11:10 武田屋 八幡饅頭
今治の街中を走り抜け、最初のスウィーツスポットの「武田屋」へ。昔ながらの製法で作られている素朴な「八幡饅頭」をいただきながら小休憩。ここは出来立てのあたたかいお饅頭をいただきます!。「温かくてほっとする味」。

 


■11:35 栄福寺
武田屋からほどちかい四国霊場57番札所の「栄福寺」へ。路地を曲がってすぐの急こう配の坂に驚きの声を上げつつ栄福寺に到着・・・。汗ばむほどの日差しの中、こじんまりした境内を各々散策&本堂を参拝!

 


■12:00 玉川福祉会館
のどかな田園風景を走りぬけ、シクロ女子旅一行は、つぎの休憩場所に到着。この日は「玉川福祉センターまつり」が開催されており、家族連れで賑わっていました。地元の特産物販売店が多数出店。「美味しそうな料理がたくさんあるね」とそろそろランチが待ちきれない様子。

 

■12:40 落合橋
鈍川温泉に近づくにつれて山深くなってきました。風景を味わいながら走り抜けます。立ち寄ったのは愛媛県でも珍しい開腹アーチ橋の落合橋。この古い橋の下を水流豊かな蒼社川が流れている景色に「気持ちいいですね」「夏にも来てみたいな」などの声があがります。

 

 

■13:00 鈍川すっぴん美人の足湯
本日のランチは「カドヤ別荘」特製の「玉川ダムカレー」。地元の玉川ダム湖をかたどった器に町内6店舗で提供されているローカル色豊かなカレーです。今回は猪豚を使ったカレーをいただいきます。足湯でリラックスし、会話も弾み打ち解けた様子♪

 

■14:30 工房織座
玉川の集落にある「工房織座」は全国から集められた古い織機を復元、改造をかさねたオリジナル織機で唯一無二のショールなどを作っている工房です。その制作現場の工房やワークショップ、アトリエを見学。

 

■16:40 「シクロの家」
無事に「シクロの家」に帰還。「地元に住んでいるが、知らない道を走れて楽しかった」「玉川ダムカレー美味しく、器も独特でユニーク」「足湯熱かったけみんなと意気投合して楽しい時間が過ごせた」「女性同士の交流ができてうれしい」。シクロの家でほっこりしたら、夜はスナック「コンドル」を貸し切って交流会♪♪

 


 

 

【シクロ女子旅2016 DAY2】

 

 

2016年11月12日(土)

今治港〜[船]〜生口島〜因島〜上島町ゆめしま海道〜因島〜生口島〜[船]〜今治港

 

■2日目 8:00 今治港 マリン広場 
二日目からの女子旅参加者も加わり、「シクロ女子旅」のために特別な航路で運行されるフェリー船「サイクルボートしまなみ号」へ乗り込みます。「船を使ってサイクリングするは初めてで楽しみ」船上は参加者たちが和やかに談笑。来島海峡大橋や大三島橋を海上から見上げる景色は見ごたえ抜群!!!船は生口島・沢港へ。沢港からサイクリングスタート。

 

■9:50 生口島 沢港
因島・家老渡港をめざし生口島北岸の海岸線ルートをサイクリング。生口橋を渡り、因島のたわわに実った柑橘畑を進みます。路地裏を抜け、途中の峠道も止まることなく登り切る!!みんなで登れば大丈夫♪二日目も晴天に恵まれ好調なすべりだしです。

 

■11:30 因島・家老渡港〜弓削島・上弓削港 フェリー
家老渡港から上弓削港行のフェリーに乗り込み、ゆめしま海道の一島、弓削島に上陸。ここでしばしの休憩です。地元住民にみかんをおすそ分けしてもらう突然のおもてなしが嬉しいですね♪「シクロ女子旅」で初めてスポーツバイクに乗った人もだいぶ慣れてきたようです。

 

 

 

 

■12:10 しまでカフェ
弓削島西岸をサイクリングして、「しまでカフェ」に到着。さっそく特製ランチをいただきます。野生の菊芋のおひたし、鯛の煮つけ、そうめんウリとタコの酢の物、ヒジキや海苔スープと、地元で採れる新鮮な野菜や魚料理の品数豊富なこだわり料理を堪能しました。

 

■13:40 佐島〜生名島
弓削大橋、生名橋を渡り、弓削島・佐島・生名島をむすぶ「ゆめしま海道」をサイクリング。生名橋のふもとの広場で小休憩と記念写真を。「しまなみ海道とはまた違う景色を見られて楽しい」「車も少なくのどかで走りやすい」。

 

 

■14:40 島ごころ
生名島・立石港から再びフェリーで因島・土生港へ。生口橋、海岸線ルートをサイクリングし、生口島の「島ごころ」に到着。ここで地元のレモンを使った焼きたてレモンケーキで最後の休憩です。「美味しかったからお土産に」と購入する参加者の姿も。

 


■15:30 生口島・沢港
生口島の瀬戸田の町を走り抜け、「シクロ女子旅」参加者全員、無事に沢港に到着!「サイクルボートしまなみ号」に愛車とともに乗船しました。すっかり意気投合した仲間同士で会話も弾みます。船上で海に沈む夕日を眺めながら、船は今治港へ。

 


■17:00 今治港 マリン広場
「女性の知り合いができてよかった」「初めてのスポーツ自転車のツアーでますます自転車が好きになった」「路地裏など、面白いルートを走れて楽しかった」「しまでカフェに行ってみたかった。」山、海と変化に富んだロケーションを楽しめる二日間のツアーとなりました。来年もまた「シクロ女子旅」で会いましょう♪♪

 

 

 

 

 

次回の「シクロ女子旅」の情報は

シクロツーリズムしまなみHPにて随時公開・募集を行います

↓↓↓

 シクロツーリズムしまなみ > 

 

 


 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


☆最新の空室状況は
こちらより



Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2016年11月14日(月) 09:28 by cyclonoie [ Edit ]

自然いっぱいサイクリングツアー☆

サイクリングツアーと
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓

里山サイクリングツアーin  今治市玉川地区


11月14日、小雨が降る中スタートした自転車ツアー
題して


海と森の存在を感じる旅 里山に抱かれる
贅沢サイクリングツアー



今治ゲストハウスシクロの家を9:00過ぎに出発!
いざ玉川方面へ☆





まずは目指すは玉川ふれあいフェア
ここでは、玉川地区で様々な活動をしている団体やNPO法人等、
多数の出店があり、盛りあがりをみせていました。







なかでも、地元との交流を深める為、
警察や消防の方々も参加。

な、なんと!!!!

本物の制服を着て、パトカーや白バイ、消防車に乗れるんですね!
これには、テンションが上がり
恥ずかしながら着て乗せてもらいました。




他にも玉川ダムカレーやまんてん焼など
食べ物も充実していました。
う〜ん♪まんてん焼美味しかったです。




売り切れた為、追加で焼きをいれるほどの人気^0^
まんてん焼はここ(←クリック!)で食べれます☆
自転車で立ち寄って元気補給して、元気に出発♪



次の目的地は、工房織座(←クリック!)さん。




古い織機をいくつも集め、使えるパーツを磨き
一台を作り出すことからスタート。
幅80冂の織物のみを織りながら、様々な商品を作っています。
織物を触った瞬間から、肌触りの良さが伝わり、
デザインは若手に任せるという、
まさに新旧の融合が織り成す素敵な作品ばかりです。
なんと北欧にも出荷しているそうです。
色使いもとても素敵で、思わず見惚れる品々でした。





最終地点!目指すはわらしし!!


ん?わらしし??



詳しくは次回☆
続きます〜


 

☆最新の空室状況は⇒(こちらより

Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪


 
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年11月19日(木) 10:04 by cyclonoie [ Edit ]

今治城の海洋生物、織田が浜のハマビシ、唐子浜のウンランを見に行こう

生物多様性と
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓

生物多様性を感じる旅
瀬戸内の自然を
自転車で見つめるエコツアー


 

2015年10月3日(土)に開催された
シクロツアーの様子です♪

 

■9:00 JR今治駅前ゲストハウス「シクロの家」

シクロの家に集合♪


 

■9:30 今治城

まずは
堀に海水を引き込んでいることで
有名な今治城へ。



普段は入れないところに特別に潜入!

クロダイなどの魚のほか、
ケヤリムシ、
フレリトゲアメフラシ、
クロシタウミウシなどを発見!


 

■10:30 織田が浜

最高の天気の中、織田が浜の砂浜へ。



真っ白い砂浜に生息している
ハマビシ
という植物を観察。



ハマビシの名前の由来になったトゲのある実。
四国ではここ織田が浜
でしか見ることのないといいます。
貴重な植物が身近に生息しているんですねえ〜


 

■11:20 唐子浜

赤煉瓦の建物や赤灯台のある唐子浜
ここの砂浜はゾーニングが残っており、
昔のままの植生が見られます。
ここで保護されている
黄色く小さな花を咲かせる
ウンラン
の花を観察。



ナミキソウなど、思いがけない花もちょうど見ごろ。
砂浜の素敵な風景と植物の両方を楽しめました。


 

■12:00 志島ヶ浜・戸倉屋漆器店

菅原道真ゆかりの白砂青松の渚。
アカマツやクロマツの景観の中を走り抜けました。
途中、桜井漆器を作っている戸倉屋漆器店へ寄り道。




 

■13:00 ランチタイム「味秀」


ランチは、
海の幸をふんだんに使って
ネタもシャリも大ぶりの握りずしを食べられる
「味秀」へ。

地魚を使ったから揚げなども、評判。


 

■14:00 桜井海岸

桜井海岸の砂浜には
貝殻がたくさんうちあがっており、
その中から桃色の小さな貝殻の
サクラガイ
を探しました。
美しい色のサクラガイを見つけると
嬉しいものですね。


 

■15:30 JR今治駅前ゲストハウス「シクロの家」 解散

帰路は、海側とは別ルートで。
秋の色づき始めた稲穂の田園風景の中を路地裏散策。
普段は通らないような裏道を走り抜けて
今治の「シクロの家」に戻ってきました。

「今治に住んでいたのに今まで知らなかった珍しい植物を知れた」
「いつもは入れない場所にいけたのが面白かった」
などの声が聞かれました。



次回は
11月14日(土)
「玉川地区」をポタリングします。
↓↓

http://cyclonoie.jugem.jp/?eid=483


ぜひ、ご参加ください♪

 

☆最新の空室状況は⇒(こちらより

Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪


 
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年10月30日(金) 13:52 by cyclonoie [ Edit ]

裏しまなみ・とびしま海道をぐるっと一周サイクリングツアー♪

 

とびしま!と
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓


人気ブログランキングへ


大崎下島・豊島・上蒲刈島・下蒲刈島

とびしま海道一周ツアー

 
10月11日(日)に開催された
シクロツーリズムしまなみガイドツアーの
様子です♪
■8:00 今治港
今治港に集合。サイクルボートしまなみ号へと乗り込みました。普段よりも少し波の高い来島海峡では、潮のにおいを感じながらの航海。来島海峡大橋を下からのぞくことができるのは船ならではの景色でした。


 
■8:35 御手洗
到着後、すぐに通り雨が降ったので休憩所で待機。その後、雨が上がったのを見計らって御手洗の保存地区を見学しました。しまなみ海道には無いような古い町並みに感動する参加者。日本で初めて自転車世界一周をした中村春吉の碑で解説を聞きました。


 
■9:30 大崎下島
大崎下島の南側の海岸を走り始めました。ガードレールに手書きで書いてある標識などは、島ののどかさを象徴するようで、「島を感じることができる」。海沿いのルートは向かい風が強かったものの、「海が近くていい感じ」との声も。


 
■9:45 むろきはら橋
豊島に上陸し、特徴的なループ橋「むろきはら橋」を見学。教えてもらえなければなかなか行かないような場所にあるこの橋に「こんな橋があるとは知らなかった」と登坂を楽しんでいました。橋の上からの海の景色もなかなか素敵なものでした。


 
■10:15 豊島大橋
豊島大橋を渡り、上蒲刈島に上陸。しまなみ海道とはまた違った形状・色の橋々に感動する参加者。ただし、しまなみ海道の橋と異なり、スロープが設置されていないため、急な坂道に苦戦しながら登って行きました。天候もかなり回復し、海が青々と光り輝く島々の風景はなかなか素敵です。


 
■10:25 春日神社
上蒲刈島の春日神社で休憩。海の際に浮かぶ鳥居と奥に見える豊島大橋の景色の前で、自転車を走らせ撮る写真が絵になります。集落の中を走っていくと、地元の方々から声援が飛びます。長い車列の最初から最後尾までずっと手を振り続けてくれているおばあちゃんが印象的でした。

 
■11:30 蒲刈大橋下
向かい風に悪戦苦闘しつつも、何とか蒲刈大橋にやってきました。トレス橋の蒲刈大橋の奥には、呉方面へと繋がる安芸灘大橋も見えます。のどかな島の風景に「映画が撮れそうな町だねぇ」という声も。


 
■12:00 ランチタイム「出会いの館」
お腹が減ってきた中で、「出会いの館」までの急坂を登り切り、いよいよランチタイム。波方の浅海さんのお手製の「二輪弁」で腹ごしらえ。海の見える素敵な景色の中でのおいしいごはんは格別です。ランチの後は、蒲刈大橋を渡り、とびしま最北の島、下蒲刈島へ上陸。

 
■12:40 大津泊庭園
下蒲刈島の海岸沿いを走り抜け、安芸灘大橋や牡蠣の養殖所などが見える大津泊庭園に到着。安芸灘大橋をバックに記念撮影。「ここまでは向かい風だったけど、これからは追い風だね」と往路とは違った復路を楽しみにする声も聞かれました。


 
■15:00 御手洗
往路とは反対側のルートを通りながら、下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島と海岸線沿いを走り抜けました。上蒲刈島の南側には砕石場の風景など、これまでは無かったような風景も楽しめました。追い風の中、御手洗の町に予定よりも早く到着。予定にはなかった地区も散策。

 
■17:10 今治港
生絞りミカンジュースなどを堪能したのちに、御手洗港からサイクルボートしまなみ号へと乗り込みます。波が高い海域を通る為、船は遊園地のアトラクションのよう。今治港へと到着し、解散。最高の天気の中、とびしま海道のサイクリングを満喫できたツアーでした。
 


 

☆最新の空室状況は⇒(こちらより

Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪


 
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年10月25日(日) 14:34 by cyclonoie [ Edit ]

Cog-way Shikoku Discovery Ride 2015 in Shimanami-Kaido

Cog-wayと
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓

コグウェイ
ディスカバリーライド2015
in しまなみ海道





2015年10月5日から8泊9日の日程で
四国を一周するイベント

コグウェイの
四国ディスカバリーライド2015


が開催されました!!


そのうち、5日と6日は
尾道から大三島
大三島から今治へと
「しまなみ海道」
を走りぬく計画!

シクロのメンバーで、そのアテンド(ガイド)を
させて頂くことに。

世界各国から集まった
総勢70名を
ご案内しました!!






















今治駅から高松へは
なんと、臨時便のサイクルトレイン!!
↓↓



一日目の夜は
大三島の廃校を利用した宿泊施設、
しまなみふれあい交流館」。
大三島のお母さん方が
自慢の手料理を振舞ってくださいました。
ごちそうさまでした!!


天気にも
最高に恵まれ
楽しい楽しいライド。


また
来年?再来年?も
お会いできるのを楽しみにしていまーす!



コグウェイ四国 ↓
http://cog-way.net/shikoku/




 

☆最新の空室状況は⇒(こちらより


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪


 
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年10月06日(火) 21:00 by cyclonoie [ Edit ]

ハーフライドツアーぁ誕拭考綢膓兇鯏呂蝓大三島井口港へ

たたら〜と
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓

しまなみハーフライドツアー その



多々羅大橋をバックに
人型スタンドで写真をパチリ




サイクルボートしまなみ号」
運航に合わせて開催された
「しまなみハーフライドツアー」
に参加してきましたよ♪
(最終話)




大山神社を出ると雨が降り出し、
降ったりやんだりを繰り返す天気に。






生口島の西側、瀬戸田の町中を抜け、
サンセットビーチへ。


雨でびしょびしょになりながら
多々羅大橋を目指しました。

多々羅大橋を




道の駅「多々羅しまなみ公園」で休憩。

”6人のシクロツーリスト”サイクルスタンドに
マイ自転車を立て掛けて
多々羅大橋をバックに写真撮影!






そしてほどなくしてゴールの大三島、
井口港に到着。




再びサイクルボートに乗り込み、
井口港から今治港へと向かいます。




雨の中の走行で体力を消耗したこともあり、
帰りの船では気持ちよさそうに熟睡する参加者も多数。




今治港へ戻ってきました。

あいにくの雨でしたが
最高の仲間と楽しいライドできました♪




<おしらせ>
次回のシクロガイドツアーは
2015年
10月11日(日)

チャレンジとびしま海道一周ツアー

一緒にとびしま海道を走りに行きましょう!!

 


☆最新の空室状況は⇒(こちらより


シクロの家Facebookページも元気に更新中♪
よろしくお願いします

 
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


 
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月26日(火) 09:37 by cyclonoie [ Edit ]

ハーフライドツアー|大山神社でシクロツアー限定「二輪弁当」

おにぎり食べたいんだなと
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓

しまなみハーフライドツアー その


大山神社でシクロツアー限定「二輪弁当」



サイクルボートしまなみ号」
運航に合わせて開催された
「しまなみハーフライドツアー」
に参加してきましたよ♪
(第3話)



向島でパンとラムネを堪能したのち、
因島大橋を渡って
いよいよ因島へ!!



因島でもメインルートとは逆の東側ルート



海沿いから因島大橋を左手に見ながら走ると因島の住宅街へ!


ここでも大通りを避け、路地裏を抜けていきます。




なかなか古くて立派なお家が多いですねぇ



普段なら通らないような農道へと入り、
じぐざぐに登る
ミカン山を越えると
突然、「大山トンネル」の入り口へと出ました。


「こんな道、独りじゃ絶対来ないや♪」




わくわくする裏路地探訪でした!
ちなみに大山トンネルは自転車歩行者が
安全に通りやすいトンネルでした。

続いて

自転車神社として有名な大山神社へ参拝。




そして、お待ちかね
ツアー限定の二輪弁当!!




伯方島のお母さんが丹精込めて作った
シクロのツアー限定の特製弁当!!


、島ならではのタコ飯、ヒジキ飯、
梅をまぶした特大おにぎりで
おかずに巣大豆が♪




食後は記念撮影をし、
自転車安全祈願の鳥居を
ひとりずつくぐっていきます。





次は生口島へ渡りますよ〜!!
 




☆最新の空室状況は⇒(こちらより


<おしらせ>
次回のシクロガイドツアーは
2015年10月11日(日)

チャレンジとびしま海道一周ツアー


シクロの家Facebookページも元気に更新中♪
よろしくお願いします

 
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ



 
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月25日(月) 08:00 by cyclonoie [ Edit ]

ハーフライドツアー◆淡島名物、住田製パン所&後藤鉱泉

パーンとシュワっと
タルトをクリックお願いします!

↓↓↓

しまなみハーフライドツアー その

サイクルボートしまなみ号で
今治港から向島へ



「サイクルボートしまなみ号」
運航に合わせて開催された
「しまなみハーフライドツアー」
に参加してきましたよ♪
(第2話)




向島へ到着しいよいよサイクリングスタート!!

と、まずは腹ごしらえ・・・(まだ走っとらんけぇ('_')



大正5年創業の住田製パン所!!



名物のアンパンやメロンパンを購入し、さっそく食べてみると

・・・素朴な味でうまいっ!!!


そして続けざまに

後藤飲料水工業所!!



凹みにビー玉を引っかけると飲みやすいそうです。



ノスタルジーを感じる小休憩でした。

後藤飲料水工業所を後にし、向島は西側のメインルートではなく、
島の中央から東側に抜けるルートを走り抜けました。



少しがぱらつき始めるものの、
東側の海沿いのは海風を感じながらの気持ちの良い道!!
交通量も少なく走りやすいルートです。


因島大橋を渡り




いよいよ因島へ



<おしらせ>
次回のシクロガイドツアーは
2015年10月11日(日)

チャレンジとびしま海道一周ツアー

一緒にとびしま海道を走りに行きましょう!!



☆最新の空室状況は⇒(こちらより

シクロの家Facebookページも元気に更新中♪
1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
category : ツアーレポート ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月24日(日) 08:10 by cyclonoie [ Edit ]