CYCLO NO IE
メールはこちら
ご予約はこちら

四国山脈と明石山脈の谷間にサイクルオアシスが出来ました。

昔、銅山で栄えた別子山を巡るルートとして『別子・翆波はな輪道」と名付られた愛媛まるごと自転車道があります。

名前の通り翆波高原には春は菜の花、秋はコスモスと咲き乱れますが、明石山脈も石鎚山系とは違った野生の花が沢山咲きます。
勿論、このルート沿いも沢山の花が咲き乱れ、秋が深まると紅葉も美しくなりサイクリングするには最適な道です。
「え〜!新居浜、四国中央市どちらから走っても明石山脈を越えなければいけないので私には無理!」と言われるサイクリストさんも沢山いると思います。
と言う事で提案!
車で銅山川流域まで移動してそこからポタリングして見てはどうでしょうか?
夏は涼しく、自然あふれる景観に満足いただけるかと思います。
さて、
このルートには今回サイクルオアシスになった施設「ゆらぎの森」があります。
そこは「別子・翆波はな輪道」から離れ、坂を上って行かなければいけない所に有りますが、この道中、素朴な民家や植林帯などがあり自然の中に溶け込む事が出来ます。
そして登りつめるとアッと驚く藤棚(パーゴラ)が・・・・
まるで宇宙船を想像させるほどの大きさです。
私が最初に訪れたのは夏の初め、藤棚は緑一色で青々としていましたが、花の咲く頃は素晴らしいでしょうね。
その奥に今回サイクルオアシスになりました「オーベルジュゆらぎ」があります。
この施設、宿泊が出来、ランチタイムにはレストランでお食事も出来ます。
また敷地内には「作楽工房」と言う施設もありいろいろな木工製品製作の体験が出来ます。
チビッ子達がの夏休み自由研究として沢山来られるそうです。
では、元の輪道に戻りましょう〜
別子・翆波はな輪道に戻り左に上って行くとシャレた建物が有り、その前が博物館と隣接している今年サイクルオアシスになった「別子山ふるさと館」があります。
火曜日は休館なので見る事が出来ませんが、博物館の中に入ると別子山の自然や歴史の展示物を見る事が出来ます。
また横から谷に下りるとそこは遊歩道の付いた公園が有り奥には吊り橋がかかっています。
その吊り橋を渡り、真ん中から下を見ると渓谷が素晴らしいです。
但し、吊り橋はゆっくりですが揺れますので乗り物酔いされる方は気を付けて下さい。(笑)
自転車だけでなくこの付近の登山に興味のある方はこの施設前にある公民館を訪ねてみて下さい。
公民館の主事補さんはこの付近の山をを自分の山の様に登り知り尽くした方なのでいろいろと教えていだだけます。
そうそう〜こんな資料もいただけると思います。
ではもう少し左に上って見ましょう〜
輪道は銅山川(渓谷)に隣接しているので夏は涼しく気落ちが良いです。
自転車で走ると騒音も少ないのでせせらぎの音も心地良いです。
もう秋なんですね。ススキの穂が出ていました。
途中、エクロジャイトもあります。
少し頑張って上ると筏津と言う所に来ます。
ここは登山愛好家が東赤石を目指して登る登山口です。
この小屋が目印かな!
そして左にある川を渡り右に行くと別子銅山筏津抗跡があります。
そのすぐ横にはトロッコ列車も置いているので元は公園だったと思うのですが荒れている様な気がします。
歴史的資産、勿体ないですね。
廃抗の上にはキレンゲショウマも沢山咲いていました。
銅山越の登山口はまだここから左に上って行きます。
この辺りに来ると道は狭くなりゴツゴツした山肌にに張り付いた様に建てられた昔の家があったり、道のすぐ横に岩が張り出てたり
スリル満点です。
そして別子ダムが見えてくると、昔鉱山が盛んだった頃当時、愛媛県で松山に継ぐ2番目に人口の多かった日浦があります。
ここは銅山越に登る登山道入り口です。
また鉱山が盛んだった頃の遺跡も沢山あり、現在も住友さんが管理してます。
ここからしばらく上ると大永山トンネルになり下ると新居浜市内になりますが、ポタリングはここまでかな?
こういう走り方をすればこのルートの自然や歴史などいろいろな事がベテランでなくても楽しく味わえると思います。
是非お試しあれ〜!
ちなみに新居浜市内(山根)から挑戦してみたい方は、ループ橋の所は自転車可の歩道も完備してます。
そして峠に差し掛かるとこんな看板が目に付きます。
勿論、ブルーラインも有ります。
そしてトンネルの入り口にはこのような看板もありますので安心して挑戦してみて下さい。(^o^)
category : サイクルオアシス ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年09月16日(土) 17:14 by cyclonoie [ Edit ]

しまなみ海道サイクリンググッズ〜お土産に島走中Tシャツや女子Tシャツ、新作のメモ帳も

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


しまなみ海道サイクリンググッズ・お土産販売中!
島走中Tシャツや女子Tシャツ、新作のメモ帳も入荷
 

 

しまなみ海道サイクリングのイメージ



「せっかく、しまなみ海道へサイクリングに来たから「しまなみ海道」や「自転車」モチーフのお土産がほしい!」

 

「しまなみ海道オリジナルグッズを手に入れてサイクリング気分を盛り上げたい!」

 

 

そんな時はぜひ、今治駅前ゲストハウス「シクロの家」にお立ち寄りください(^^)/

 

しまなみゲストハウス「シクロの家」の外観

 

しまなみゲストハウス「シクロの家」

 

 

宿泊ではないゲスト様もお立ち寄りいただける1Fオリジナルグッズコーナーにて、しまなみ海道や自転車をモチーフにしたTシャツやグッズ、お土産を販売しております♪ここでしか手に入らないオリジナルグッズも多数そろえております。

 

 

シクロの家のしまなみ海道オリジナルグッズコーナー

 

シクロの家のオリジナルグッズコーナー

 

 

こんなグッズがあったらいいなぁ〜こういうのが欲しかった!スタッフみんなで智恵を出し合って、ちょっとずつ新商品もできています。かなりバリエーション豊かになっていますよ(^◇^)

 

しまなみサイクリング定番の「島走Tシャツ」 

 

しまなみ定番の「島走Tシャツ」 税込2,484円

 

 

定番の「しまなみ島走Tシャツ」や「しまなみ地図Tシャツ」のほか、数量限定で「女子Tシャツ」と「コットンTシャツ」が届きました!!女子Tシャツは3色!コットンTシャツは4カラーで作ってみましたよ(*^^*)



 

数量限定「しまなみ女子Tシャツ」はワンサイズ・3カラー 税込2,484円

 

 

 

数量限定「しまなみ綿Tシャツ」は4カラー 税込2,268円

 

 

また活版印刷絵はがきや自転車柄のマスキングテープ、しまなみ走破缶バッチなどの定番商品に加えて、しまなみ海道グッズに「あるあるメモ帳」と「しまなみ便箋」、「しまなみお手紙セット」が新登場!

 

 

小物・文房具が一気に充実しました♪

 

 

しまなみ海道土産にぴったりの「メモ帳」は、しまなみ海道サイクリングの「あるある」をイラストにしてみました♪自転車編と島で編の2種類!しまなみ海道を自転車旅した方なら、ついつい、クスっと笑ってしまうようなイラストばかりです(*^^*)

 

 

 

 

しまなみ自転車旅あるあるメモ帳 税込324円

 

ちょっとしたメモ書きのときに、しまなみの風景を思い出してくださいね(^^♪

 

 

 

しまなみ自転車旅一筆箋 税込346円

 

しまなみ海道の風景とサイクリストをイラストにした「しまなみ自転車旅一筆箋」も登場!旅先のシクロの家からお手紙を出すのもいいですよ〜(^O^)/

 

 

しまなみ海道にこれからサイクリングに行くという方には、ガイドブックや地図をご用意しております!シクロの家スタッフが実走して、愛をこめて作ったガイドブック「しまなみ島走BOOK」は、8月31日に最新版が完成!シクロの家でも発売中ですよ。

 

しまなみ島走BOOK改訂版掘 

 

 

 

しまなみ海道の自転車遊びの達人が教える「とっておきの情報」が満載。AmazonやシクロツーリズムしまなみHPでも販売中です!シクロの家はしまなみ海道サイクリングの最新情報を随時収集中。あなただけが知っている素敵な風景、素敵なお店、素敵な人…ぜひぜひ教えてくださいね(^O^)/

 

今治にいらっしゃることがあれば・・・・

 

 


ぜひぜひ、お気軽にシクロの家にお立ち寄りください♪

 

 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 最新の空室状況 > 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : しまなみ海道情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年09月04日(月) 20:01 by cyclonoie [ Edit ]

トライアスロンの島(中島)にサイクルオアシスが出来ました。

瀬戸内(松山北条沖)に浮かぶ中島は、ミカン畑が広がる静かな島ですが、年に一度トライアスロンで熱き戦いが行われている島です。

その島に走りに行くには三津浜港もしくは高浜港からフェリーでの船旅から始まります。
三津浜港から約1時間20分の船旅ですが、素晴らしい景色が見えて退屈する事がありません。
伊予鉄梅津寺駅横にある「ブエナビスタ」です。
ここのカレーは最高です。(^o^)
この写真の右側に「さよならは言わないよ!」の防波堤と「バイバイカンチ!」のプラットホーム(東京ラブストーリーロケ地)が見えます。
最初に着く高浜港です。
この奥に福山雅治さんの「ガリレオ」でロケされた伊予鉄高浜駅があります。
ちなみに前のフェリーは興居島行きです。
なかなか船の旅も良いですよ!
今年、サイクルオアシスに協力していただく様になりました「THE BONDS」さんです。
宿泊出来るのでトライアスロンをなされている団体さんの合宿場として考えて見てはどうでしょうか?
丁度、この裏が姫ヶ浜海水浴場になっているので都会から遊びに来られたご家族やグループ、勿論お1人でもウエルカムです。(^o^)
サイクルオアシスの機材整備が終わり、帰りのフェリーまで約2時間余りあるので島を一周散策して見ました。
中島トライアスロンのスタート場所と同じ姫ヶ浜にある三島大明神社からスタートしました。
日本の場合、左側通行なので時計回りで走るのが海岸沿いを走るので良いですね。
海岸沿いある大きな道も快適ですが、集落の所では路地もあり、静かな島の雰囲気が楽しめます。
集落の中にポツンとあるお店に寄って見るのも島の雰囲気を味わえて良いかも知れませんね。
お店の方に声をかけて見て下さい。
きっと思い出に残るお話してくれると思います。
数日後にトライアスロンが開催されるとか!、コースには沢山の旗がなびいていました。
普段の日なのか、車が少なくとても快適に走れました。
海岸沿いの道にはこの様に海に下りる階段が至る所に付いています。
走り疲れたら自転車を降りて海岸に下りるのも良いかも?
見て下さい。砂浜も磯も綺麗です。
身も心も洗ってくれそうです。(^o^)
それにしても磯香る海風は爽やかです。
道沿いにはこんな景観の良い場所も・・・・
干潮の場合、磯周りにはタイドプールが出来ていて取り残された魚や海藻、イソギンチャクやカニなど海の生き物を観察すると楽しいかも知れません。
海が見える道はまだまだ続きます。
所々、磯の上で休んでいる鳥達の姿も見えます。
島のメインである道は途中、山の中を通過する所がありますが、脇道が少し狭いですがそのまま海岸沿いに付いている所もあります。
脇道には思わぬ所にこんなスポットが・・・・・・
時間に余裕があれば走って見る価値はありますね。
ここまで走るとほぼ大浦の反対側に近いですが、島を一周する道のりの半分も行っていません。
そんなにきつくは無いですが、この辺りから上り坂が始まりました。
でも快適です。
小さな島なのに南と北では違った雰囲気が〜これも島を走る楽しみですね。
突然こんな木が・・・・
おそらく普通の木にクズなどかずらが巻いているのですが日本の木でない様に見えます。
後半、だんだんと上り坂が増えて来ますが、頑張って上りつめると美しい景観になります。
あいも変わらずどこまで行っても車に会う機会が少なかったです。
殆ど今回はマイロードかな?(笑)
島の海岸沿いにある道をストレートで走れば1周約24舛蕕靴い任垢、いつもの癖が出て路地を散策した為、29.56舛任靴拭
時間に限りがあったのでこれで終りましたが、もっともっと良いスポット、そして温かい島の人との出会いを求めて機会があれば
また走りたいと思っています。
そうそう〜「THE BONDS」さんの近くにはこんな優しい道もありますのでビギナーさんや小さな子供連れのご家族はおススメです。
是非、走って見て下さい。
category : サイクルオアシス ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月22日(火) 10:01 by cyclonoie [ Edit ]

まさに街の中の『オアシス』と思える「自然とくつろぐSola」さんがサイクルオアシスになってくれました。

砂だらけの砂漠の中でふと緑があり、体も心も休める所をオアシスって言いますよね。

繁華街である道後から県道20号線を少し走るとまさに街の中の『オアシス』と思える「自然とくつろぐSola」さんがあります。
お店の周りには沢山木が植えれていて木陰を作りその木陰の下で飲食出来る様にしています。
慌ただしい街中でふとゆっくりとした時間を過ごす、そんな空間が良いですね。
Solaさんはカレーパンファンならおそらく知っている程、オーナーがこだわったお店でお店に陳列しているモノはすべて半製品です。
この半製品を注文受けてから揚げます。
その油も頻繁に変えると言う程です。
現在、シーフード、キーマ、なすきのこ、ひき肉のポテト4種あります。
ちなみに「なすきのこ」の具です。
勿論カレーパン以外の美味しそうなパン、ケーキ、ラスク、クッキーなどいろいろと揃えています。
自転車で街中ポタリングをして疲れたらこんな所で一休み!最高でしょうね。
 
と言う訳で今年サイクルオアシスとして協力していただく事になりました。

 
そうそう〜この敷地内にはイタリア料理「Fondente」さん、美容室「kusukusu」さんが二階にあります。
特に女性サイクリストには堪らないサイクルオアシスです。
ブティック「Pas d Pas」さんもあります。
この看板を目印にどう〜ぞ!(^o^)
category : サイクルオアシス ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月19日(土) 23:43 by cyclonoie [ Edit ]

生口島ランチスポット|御食事処『ちどり』にてデカ盛りの名物「蛸天丼卵とじ」で満腹

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


御食事処『ちどり』にてデカ盛りの名物「蛸天丼卵とじ」で満腹
生口島ランチスポット

 

 

しまなみ海道サイクリングで立ち寄ろう!

生口島のランチにぜひ、御食事処『ちどり』をご紹介。

 

 

生口島の観光スポット「耕三寺」の門前にあり、サイクリストには見逃せないお店です。昭和40年に創業して、現在は三代目大将が腕を振い、趣向を凝らしたメニューが話題を呼んでいます。

 

御食事処『ちどり』の外観

 

御食事処『ちどり』の外観

 

 

 


 

【PR】しまなみ海道サイクリングマップ発売中!

 

しまなみ海道サイクリングの計画に必須!一つ一つの島ごとの紙の地図が計画に便利です。シクロの家の自転車旅好きスタッフがしまなみ海道の道という道をすべて走り尽して作り上げた渾身のマップです。ぜひ、事前に取り寄せて計画にご活用ください!!

 

 

 しまなみ島走MAP 改訂版(第2版)> 

 


 

 

 

ベッキーおすすめ

 

「瀬戸田レモン鍋」(要予約)は地元名産のエコレモン・タコ・鯛・牡蠣がコラボした新名物。元まかない飯の「蛸天丼卵とじ」は、店一番の人気メニュー。

 

 

ちどりの蛸天丼卵とじ

 

蛸天丼卵とじの“特盛”

 

 

3年ほど前から、「蛸天丼卵とじ」の“特盛”(1650円+税)が登場。“ご飯お茶碗4杯、蛸天は並の倍量”と、驚くべき重量と圧倒的なボリューム感で、サイクリストの胃袋をつかむこと必至。ガッツリ系の人は、ぜひお試しあれ。

 

 

蛸天丼卵とじの特盛をぱくり

 

ちなみに、蛸はシーズンによって値段が倍ほど違うにもかかわらず、通年同料金でメニュー提供してくれているので、残すことなく完食しましょう!

 

 

※上記の情報は、『しまなみ島走BOOK』及び『しまなみ島走Map』に掲載。しまなみ海道を自転車で旅するなら、史上最強のガイドブック&サイクリングマップが必須です!

http://www.cyclo-shimanami.com/archives/2016/07/-book&map.php

 

 

 

 しまなみ島走MAP > 

 

 

 しまなみ海道サイクリング情報 > 

 

 

 


 

 

 

 

 

御食事処『ちどり』

尾道市瀬戸田町瀬戸田530-2
0845-27-0231 
営業:11〜16時/18〜23時

定休日:火曜



しまなみ海道・生口島には魅力的なスポットが満載!

 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 最新の空室状況 > 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : しまなみ海道情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月18日(金) 21:06 by cyclonoie [ Edit ]

中予サイクルオアシス「いなや茶屋」で昔の農具(お宝)を発見!

 

中予サイクルオアシス「いなや茶屋」で昔の農具(お宝)を発見!

 

 

昔、日本人が農耕民族だった頃、機械ではなく人力のみで農業をしていたと思います。

 

なので、その重労働を少しでも楽にする為に、いろいろと農具を考え、試行錯誤を繰り返しそして家畜(牛や馬)なども利用して農業をして来ました。その頃の農機具が今期中予サイクルオアシスになった「いなや茶屋」(松前町)の敷地内の倉庫に残っていました。
 

  
これ何だか解ります?
 
両端にあるモノは「けんど」です。最近の方なら「ふるい」と言った方が解るでしょうか?中央にあるのは「したみ」かな。浅い竹のざると言った方が解りますよね。どれも木と竹を上手く使って作られています。
 

 
左端にあるのは、お餅をつく「石臼ときね」ですね。
 
これは最近の子供達も知っていると思います。これでついたお餅美味しいですよね。(^o^)
その前にあるのがむしろを作る道具です。
 
えっ、「むしろ!」って?
 
ワラで編んだ簡単なゴザですね。
奥には火鉢、そして実と殻を風を利用して分ける「とうみ」、その前には水田の中の水草を抜き取るモノもありますね。一番感動したのは、奥にある「ひる」を蒔く道具です。「ひる」は針金[ワイヤー]に一定間隔で赤い布の目印を付けたモノです。何かと言うと田植えの時、苗を植える間隔を示すいわゆる定規ですね。(^o^)
 
これは地方によって使われない所もあります。
 
 

 
これは、冬、土づくりをする為に深く掘り起こす道具です。
これは家畜(牛や馬)を利用して使います。手前にはその時使う鞍もありますね。(^o^)
 
元々「いなや茶屋さん」のお宅は、昔からの大きなお百姓さんだったんですね。この道具、いなや茶屋さんのお店を作る時、出てきたモノばかりだそうです。
 

 
 
現在、いなや茶屋(お店)の敷地内にある倉庫に展示してますので自転車でポタリングしながら「松前町の農業の歴史をたどる!」良いかも知れませんね。ちなみに定休日は火曜日、営業時間は10:00〜18:00です。
 
 

 
category : サイクルオアシス ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月18日(金) 10:52 by cyclonoie [ Edit ]

しまなみ海道・大三島でぜひ立ち寄りたいランチ&カフェ〜『大三島みんなの家』

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


しまなみ海道サイクリングで立ち寄りたい大三島のランチ&カフェ
大三島みんなの家

 

しまなみ海道サイクリングで立ち寄ろう!

大三島のランチ・休憩にぜひ、『大三島みんなの家』をご紹介。

 

 

大三島の「みんなの家」は、大山祇神社の参道にあった元法務局の建物をリノベーションして誕生したカフェです。昔懐かしい木造教室のような雰囲気で、そこはかとなくノスタルジーがかきたてられます。

 

大三島のカフェみんなの家の外観

 

カフェ「大三島みんなの家」の外観

 

 

 


 

【PR】しまなみ海道サイクリングマップ発売中!

 

しまなみ海道サイクリングの計画に必須!一つ一つの島ごとの紙の地図が計画に便利です。シクロの家の自転車旅好きスタッフがしまなみ海道の道という道をすべて走り尽して作り上げた渾身のマップです。ぜひ、事前に取り寄せて計画にご活用ください!!

 

 

 しまなみ島走MAP 改訂版(第2版)> 

 


 

 

 

大三島のランチにジビエカレー

 

大三島のランチにジビエカレー

 

 

 

大三島みんなの家のフレンチトースト

 

サイクリングの休憩で甘いもの

 

 

フードは大三島ジビエカレー750円、みかんはちみつフレンチトースト550円など。そのほかドリンクメニューが楽しめます。しまなみ海道サイクリングの休憩に、甘いものが欲しくなりますね!美味しいコーヒーと一緒に。

 

 

大三島みんなの家のカフェスペース

 

みんなの家のカフェスペース

 

 

「みんなの家」は、東日本大震災後の復興のために始まった建築家・伊東豊雄氏を中心とするプロジェクト。みんなのための集会所を作ろうというもので、今では地域再生の拠点として全国各地に誕生しています。

 

 

大三島でも、近隣の人たちと各種ワークショップを開催したり、さまざまな活動を通じて、地元に愛される場所を目指してガンバってまーす。ぜひ、立ち寄ってみては!

 

 

 しまなみ海道サイクリング情報 > 

 

 


 

 

 

 

 

大三島みんなの家

今治市大三島町宮浦5562
0897-72-9308
営業時間/11〜18時
定休日/月曜

http://www.tima-imabari.jp/event/past_event/1927/



大三島には魅力的なスポットが満載!

 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 最新の空室状況 > 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : しまなみ海道情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月13日(日) 12:00 by cyclonoie [ Edit ]

しまなみ海道の大三島でゲストハウスに泊まる〜オーガニックゲストハウス&カフェ OHANA in 御島

 


しまなみゲストハウス「シクロの家」


しまなみ海道の大三島でゲストハウスに泊まる
オーガニックゲストハウス&カフェ OHANA in 御島

 

 

しまなみ海道に泊まろう!

大三島『オーガニックゲストハウス&カフェ OHANA in 御島』をご紹介。

 

 

 

大三島は今治から3番目の島で、しまなみ海道のほぼ真ん中にある島です。その大三島の西側にある、しまなみ海道の有名観光スポット「大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)」から歩いてわずか4分の場所に、大三島初のゲストハウス「OHANA」が2016年4月からオープンしています。

 

 

大三島ゲストハウスオハナの外観

 

大三島のゲストハウスOhanaの外観

 

 

 


 

【PR】しまなみ海道サイクリングマップ発売中!

 

しまなみ海道サイクリングの計画に必須!一つ一つの島ごとの紙の地図が計画に便利です。シクロの家の自転車旅好きスタッフがしまなみ海道の道という道をすべて走り尽して作り上げた渾身のマップです。ぜひ、事前に取り寄せて計画にご活用ください!!

 

 

 しまなみ島走MAP 改訂版(第2版)> 

 


 

 

 

オーナーさんは因島出身で、東京の三軒茶屋でオーガニック&コミュニティー・カフェを営んでいる方。そのため、ここ大三島でも、建物の1Fはオーガニックカフェになっていて、スープやパスタ、カレーのフードメニューや、スコーン、ケーキなどのスイーツメニューが楽しめます。ヴィーガン(菜食)対応の軽食も可能だそう。

 

 

大三島ゲストハウスオハナの1階カフェ

 

1Fはカフェスペース

 

 

大三島のオーガニックカフェオハナのメニュー

 

素敵なメニューの数々

 

 

建物の2Fがゲストルームで、2段ベットが備わった4部屋、フラットフロアーが1部屋の間取り。トイレはシュレット付きが2ヶ所。シャワールームも2つ完備。5つの部屋をつなぐ廊下の真ん中に、プチ日本庭園が設えてあり、心が和みホッとする造りになっています。※なお、宿のポリシーによりゴミ箱、冷房等は有りませんので、ご理解の上ご宿泊ください。

 

 

大三島ゲストハウスオハナのベッドルーム

 

大三島のゲストハウスOhanaのベッドルーム

 

 

大三島ゲストハウスオハナのベッドルーム

 

落ち着く雰囲気

 

 

 

大三島ゲストハウスオハナのシャワールーム

 

シャワールーム2か所完備

 

 

大三島ゲストハウスオハナのトイレ

 

トイレも2か所完備

 

 

大三島ゲストハウスオハナの日本庭園

 

小さな日本庭園になごむ

 

 

1Fのショップコーナーでは、クッション性のあるサドルカバーも販売しているので、サイクリングの途中にお尻の痛みに耐えられなくなった人は、どうぞおためしあれ。

 

 

夕陽が美しい海辺にある海水温浴施設「マーレグラッシア」や「伯方の塩 大三島工場」にも歩いて13分程。すぐそばにはスーパーやホームセンターもあるなど、とても便利なロケーションを活かして大三島を楽しんでみては!

 

 

 しまなみ海道のサイクリング情報 > 

 

 


 

 

オーガニックゲストハウス&カフェ OHANA in 御島

愛媛県今治市大三島町宮浦5341

0897-82-0023

http://ohanaguesthouse.net/

 

 





ゲストハウス「シクロの家」は、しまなみ海道・今治駅前徒歩1分、自転車旅好きのスタッフが運営する旅の宿。サイクリストだけなく、お遍路さん、オートバイ、バックパッカー、家族旅行、ヒッチハイカーもウェルカム!個室1泊3,000円〜。ドミトリー形式の相部屋(女性部屋あり)1泊2,500円〜。今治へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


 最新の空室状況 > 


Facebook ☆Twitter
も元気に更新中♪



 





1日1回、ぽちっとタルトを押していただけると
とっても嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

category : しまなみ海道情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月13日(日) 11:44 by cyclonoie [ Edit ]